no title

ペルーである日、頭部を負傷した男性が救急車で搬送される出来事がありました。その時男性は愛犬2匹と共にいたのですが、この2匹の忠誠心が素晴らしいと海外で話題になっているのです。

担架に飛び乗り飼い主から離れようとせず、ずっと付き添い続けた2匹の犬をご覧ください。

この記事をまとめると

・街中で男性が負傷し救急車で搬送された
・共にいた愛犬2匹が何があっても離れようとしない姿が
・あまりの忠誠心に病院スタッフらが感心し入室を異例の許可
ある日、ペルー・チンボテの街で1人の男性が頭部を負傷してしまう出来事がありました。
その時一緒にいた愛犬2匹の行動が話題になっています。

飼い主が救急車で搬送!そのとき愛犬たちは…

1
救急隊員らが男性に応急処置を施している間も、片時も離れようとしない2匹の愛犬の姿が。

2
移動する際も、全く離れようとしません。どこまでも飼い主を心配し、追いかけてそばに居続ける光景がそこにはありました。

素晴らしい忠誠心で病院に受け入れられる

3
常に飼い主を心配し、寄り添い続けるその2匹の愛情や忠誠心に病院のスタッフたちは感動。本来は病院はペット同伴で入ることを禁じられていますが、この時ばかりは例外として受け入れてくれたのだそうです。

4
その後、男性の容態は明らかにされていませんがこの車椅子に乗っている人が例の負傷した男性だそうなので、大事には至らなかったことを願います。

きっと犬たちも起き上がれるようになった飼い主に少し安堵していることでしょう。早く元気になって、また共に街にお出掛けに出られるようになるといいですね。

Source:Bored Panda

News Clicker

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ニュースクリッカーの最新記事をお届けします

TwitterでNews Clicker(ニュースクリッカー)をフォローしよう!