no title

今日本を襲ってきている今季最大の大寒波。その影響は海外では既に大きく、イスタンブールでは吹雪き・20cm異常の積雪が襲いました。

その影響を受けたのは人間だけでなく動物たちも。野良犬・猫たちはその寒さから逃げ場がなく震えていました。そんな彼らを救ったのは地元の人々の優しさでした。

この記事をまとめると

・世界中を襲っている今期の大寒波
・イスタンブールでは吹雪や積雪に見舞われた
・そんな中野良の動物たちへの住民の優しさが多数目撃された
11日から13日にかけては北日本を中心に、14日から15日にかけては東日本・西日本を押そうと言われている今季最大の大寒波。その影響を受けるのはもちろん日本だけではなく、海外では既に色んな場所でその被害があります。

00

ギリシャ・イタリア・ポーランドなどではその酷い寒波の影響によりかなり冷え込み、ポーランドでは氷点下20度を下回ったそうです。そしてその寒さでホームレスの人々や移民たちが亡くなっているという。11月以降に寒さにより亡くなった人は65人にも上るとか…。

イスタンブールでは吹雪きが襲う

01
ギリシャからほど近いトルコ・イスタンブールでは吹雪が襲い、20cmの積雪になったといいます。
上記の通り、亡くなった人々は外での生活を送っている人々。ですが、その生活を送っているのは人間だけではありません。野良の犬や猫など野生を生きる動物達全てです。

そんな野良の犬や猫たちを思って手を差し伸べる姿がイスタンブールではたくさん見られたそうです。

野良犬・猫たちに手を差し伸べる地元の人々

1
少しでも寒さを避けるために壁際に寄り眠る犬たち。そんな犬たちの体には毛布であったり布がかけられている姿が。体の下にはダンボールが敷いてあり、すぐ横にはドッグフードが。全て付近に住む住民や並んでいるお店の人々からの寄付です。

2
お店の中に入れて貰っているワンコたちも。仰向けで寝ちゃってる子も…(笑)本当に暖かくて嬉しいのが伝わってきますね。

3
こちらは野良猫たち。ヒーターが用意されてその前でぬくぬく。とあるお店の店主が店内に猫たちを招き入れ、ヒーターでもてなしたようです。

5
「あったかいニャ~」

6
こちらの野良犬は、体がすっぽり入るくらいの大きなダンボールを貰って、毛布も貰ったようです。少しでも寒さから身を守れるように…簡易的な部屋のようです。

7
暖かい部屋の中から外の様子をうかがう猫。

8
夜が明けてもその居心地の良さにぐっすりの仰向けワンコ(笑)

9

「私たち人間には彼らを見守る責任がある」

4
こちらは、猫たちを自分の店に招き入れてヒーターを与えた店主の男性。
イスタンブールの動物愛好家たちから称賛の声が彼に集まると同時に、批判的な人から「こんな所で野良猫の面倒を見るなんてよくない」といった声も届いたそうです。

しかし、男性はインタビューに対しこうに答えました。
「私たちは人間であって、この子たちのような生き物の面倒は私たちが神様によって任されているのです」
私たちには彼ら生き物たちを見守る責任があると思うんです」
地域や国ごとに考え方は様々ですが、確かに野良犬・猫たちにエサをやることは日本でもあまりいい事とされてはいません。それによっての被害も多いからです。

しかし、今回の大寒波…もし放っておいたらどれ程の数の動物が命を落とす事になったかはわかりません。今回、多くの人々の優しさによって救われた命がたくさんあったのです。

Source:Bored Panda

News Clicker

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ニュースクリッカーの最新記事をお届けします

TwitterでNews Clicker(ニュースクリッカー)をフォローしよう!