no title

犬を飼われている人たちにとっては「そんな事わかってるよ」と思う方もいらっしゃる方もいるかもしれませんが、1人の女性が自身の愛犬に起こった悲しい事件をキッカケに改めて気を付けて欲しいと注意喚起を促している事があります。
それは犬に『トウモロコシの芯』が及ぼす危険性です。


この記事をまとめると

・散歩中に飼い主の知らぬ間にトウモロコシの芯を食べた愛犬
・一週間後から嘔吐し始め食中毒のような症状に
・獣医に見せ胃の手術をする手筈が組まれるも、あえなく死亡
・トウモロコシの芯のせいで敗血症を引き起こしていた
飼い主さんの知らぬ間にトウモロコシの芯を食べてしまっていた犬が命を落としてしまいました…――。

不注意・知識の浅さを悔やみつつ、大切な犬と暮らす人々に同じ過ちを繰り返してほしくないと、1人の女性が自身のFacebookにその出来事を投稿しました。

犬の散歩中、知らぬ間に

2

ジョアン・パルマーさんという女性はある日愛犬ソフィーの散歩に出掛けていました。その時畑を通ったそうですが、ジョアンさんが知らぬ間にソフィーは食べてはいけないものを口に入れてしまっていました。それが『トウモロコシの芯』

しかし、その時は何も知らず。そのまま帰宅し普通に生活を送っていたのですが、あの散歩の日から一週間後にソフィーが激しい嘔吐を繰り返し始めました

獣医に診せ、手術が決まるも手遅れに…

1

ジョアンさんは夫と共に急いでソフィーを獣医に診せに行きました。その段階で言われたのは「胃の中に異常があるようだ」という事。手術をする日程も決まり、準備も進められていました。

…が、手術前に体調は更に悪化。
出血をし始め、獣医らが最善を尽くすもそのままソフィーは虹の橋を渡ってしまいました。

トウモロコシの芯は絶対にダメ!!

00

どうして大切な愛犬がこのような事になってしまったのか…ジョアンさん夫婦は多額のお金を費やし原因究明をしました。そして明らかになった原因が『トウモロコシの芯』

ジョアンさんは思い出しました。あの散歩の日、トウモロコシ畑を通った事を。恐らくその時にソフィーはトウモロコシの芯を食べてしまったのだろうと。

トウモロコシの芯は食物繊維の塊です。犬の体では消化が出来ず、腸閉塞を起こすことも多々。腸閉塞…文字通り、簡単に言えば腸内で食物が滞り詰まった状態です。
今回は腸閉塞になった事により重度の敗血症を発症してしまいました。この事が明らかになるまでは、ずっと食中毒の一種だと考えていたそうです。

3

ジョアンさんがトウモロコシの芯の危険性を知っていたかはわかりませんが、その存在をあまり危険視していなかったのは事実。そして特に何も考えずトウモロコシ畑に足を踏み入れてしまいました。

犬のトウモロコシの芯の誤飲は上位にランクインするほど多いようです。彼女も「この危険性を十分に理解していればソフィーを畑に入れる事はなかった」とコメントをしています。
犬の散歩中の誤飲というのは何かと多く、トウモロコシの芯が危険な事はもちろん、『誤飲』事態にもっと気を付けなければなりません。
Source:Metro

News Clicker

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ニュースクリッカーの最新記事をお届けします

TwitterでNews Clicker(ニュースクリッカー)をフォローしよう!