no title

高速道路を走行していた運送業の男性が発見したのは、道路の脇にいる野良犬でした。
「このままではいずれ危険な目に遭ってしまう」男性は一度通り過ぎたものの、車を置いて犬を保護しに行きました。すると追いかけるたびに走っていく犬。しかしその表情はまるで「ついてきて」と言っているようで…


この記事をまとめると

・高速道路を走行中に道路脇にいる犬を発見した男性
・保護しに戻ると追いかけるたびに違う方向へ進む犬
・犬は森に案内したかったらしくそこにはやせ細ったウサギがいた
・犬とウサギどちらも保護して動物保護施設へ
00

アメリカ・オハイオ州を拠点にして配送業の仕事をしているダン・オグレディさんという男性がいました。
そんな彼が今年1月、フロリダ州ジャクソンビルの高速道路を走行していた時の事でした。

道路脇にいるジャック・ラッセル・テリアを発見しました。そこは高速道路。このままそこをウロウロしていたらいずれ事故に遭ってしまうかもしれません。
犬を心配に思ったオグレディさんは車を一端置いて、犬のいる場所まで戻って保護することにしました。

犬の道案内についていくと…?

1

オグレディさんが犬の元にやって来ると、犬は遠ざかるように違う方向へと走り始めました。しかしそれは逃げている様子ではなく、オグレディさんはどこかへ案内されているように感じたそうです。その直感を信じついていくと到着したのは森の中。

そしてそこには1匹のウサギがいました。

オグレディさんはそのウサギの事も保護しました。すると犬は今度は喜んでトラックに飛び乗ったそうなので、きっとウサギの事も保護してほしかったんだなと確信したといいます。

別々の動物保護施設へ

2

お腹が空いている様子だった2匹に、犬にはサンドイッチの肉を・ウサギにはサラダの野菜を食べさせてあげたオグレディさん。
犬には「ハイウェイ(高速道路)」、ウサギには「インターステイト(州間高速道路)」という、共に出会ったキッカケとなった高速道路を由来とする名前をつけて保護施設に送るまでの道中可愛がりました。

そして一番近くにあるフロリダ州の動物保護施設に到着。どうやらそこではウサギの保護は行っていないらしくその施設にはハイウェイだけが。
そしてウサギの保護をしてくれるというオハイオ州の保護施設までまたトラックを走らせ、そこにインターステイトを保護して貰いました。

共に新しい家族の元へ

3

保護した当時ウサギはやせ細っていて体重が1.3kgほどしかなかったそうです。しかし施設でしっかりと栄養ある健康的な生活を送り2.2kgまで増加。

そして嬉しい事に、先月の2月に2匹ともそれぞれの施設で新しい里親さんが見つかり施設を卒業していきました。

心優しいオグレディさんと、同じく心優しいハイウェイのおかげで保護されたインターステイト。
今は3人それぞれが別の場所にいますが、その素敵な出会いに胸が熱くなります。それぞれが今幸せに暮らしているようで何よりです。
Source:Facebook

News Clicker

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ニュースクリッカーの最新記事をお届けします

TwitterでNews Clicker(ニュースクリッカー)をフォローしよう!