no title

日頃からとても愛情深かった1匹の保護猫。とある施設に保護された時には既にお腹の中に子供が居ました。
しかし残念ながらその大きな愛情を注げる我が子と対面することは出来ませんでした。そんな猫が新たに愛を与える人に出会えたようです。

この記事をまとめると

・我が子を死産で亡くしてしまった母猫
・体調が回復したころにちょうど里親に引き取られる
・1人の男の子に特に愛情を与えるようになる
・我が子を失った代わりに愛を与える大切な人と出会えた
1

可愛い我が子の元気な姿を見る事も出来ずにお別れする事になってしまった母猫。そんな悲しい出来事を乗り越えた猫が新しく愛情を注ぐ相手になったのは1人の男の子でした。

保護された妊娠中の猫

2

動物シェルターに保護された白猫「レッヒ」。彼女はその時既にお腹に子供を身ごもっていました。日頃から人間に対してもとても愛情深かったレッヒはきっと母親になっても素晴らしい親になったことでしょう。誰もがそう思っていた矢先――悲しい出来事が起こりました。

3

まだ子供たちがお腹の中にいる状態でレッヒの容態が悪化。帝王切開での緊急手術となったのですが、残念ながら子供たちはお腹の中で亡くなってしまっていました

大切な我が子の元気な姿を見る事もなく、出会えた瞬間が既にお別れの時でした。

体調が回復し、新しい里親の元へ

4

悲しい事件後、レッヒは体調を整えるまで治療にあたりました。そして回復したころ、ちょうどレッヒに恋をした一家により引き取られることが決定しました。

その家には3姉弟が暮らしており、一気ににぎやかな家庭の仲間入りを果たしました。

元々愛情深い性格のレッヒは家族にとても可愛がられ、レッヒもとても懐いていました。その中でも特に仲を深めた相手がいました。

人一倍愛情を注ぐレッヒ

5

レッヒは我が子と会えなかった事から「誰かを愛したい」「誰かを育てたい」という願望が残っていたのかもしれません。

その愛情は男の子に向けられました。家族みんなの事が好きですが、その中でも男の子との絆は特別なものになったようです。たった1枚の写真からもその愛の大きさが伝わってきますね。

我が子を失ってしまった代わりに大切な家族と愛する人を見つけたレッヒ。その光景は人々の心に暖かい感情を与えました。
Source:Love Meow

News Clicker

獣医でお世話になっていた迷い猫 滞在中仲間たちを励まし支える臨時看護師として大活躍(画像あり)

犬はおもちゃじゃない!ペイントボールガンで紫色になった上に虐待され片目を失明した犬が保護される(画像あり)

郵便配達員に毎日挨拶してくれるタキシード柄の猫 家を守るべく常に警戒し挑戦的な姿でお出迎え(動画あり)

子猿とチワワの可愛い触れ合い♪…と思ったら我慢に我慢を重ねたチワワが大激怒(動画あり)

ある日突然行方不明になった盲目のラブラドール 8日後に奇跡的に山で発見され無事保護される(動画あり)

1年でアイアンマンになった男!?イギリスの起業家がアイアンマンスーツのような空飛ぶ装備を完成させる(動画あり)

この中から〇〇を見つけ出せ!中々細かくて見つかりにくいイラスト問題など全4問(画像あり)

赤ちゃんアザラシに暴行を加える若者を発見 自らが負傷しつつも救い出す事に成功した勇敢な女性(画像あり)

楽しいはずの散歩で突然の死… 中国で起きたダーツのように犬を毒殺する無差別殺害事件が恐ろしい(画像あり)

これぞパッケージ詐欺!外見と中身が一致せず悪意すら感じる食品に腹立たしい25選(画像あり)

後ろ姿がまるでトトロなふわふわ白ポメラニアン♪たどたどしい足取りと無邪気な笑顔に心が溶ける(動画あり)

極めて単純!だけどそれがいい♡7歳の娘がパパに突然渡した折り畳まれた手紙の中身にほっこり(画像あり)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ニュースクリッカーの最新記事をお届けします

TwitterでNews Clicker(ニュースクリッカー)をフォローしよう!